口腔外科(親知らず・外傷)

口腔外科(親知らず・外傷)

親知らずやお口まわりのケガもご相談ください
~口腔外科~

親知らずやお口まわりのケガもご相談ください~口腔外科~

「親知らずが痛む」「転んで歯が折れてしまった」「口の中が大きく切れてしまった」などのお口のお悩みはありませんか? 吹田市の歯医者「のだファミリー歯科」ではこのようなトラブルにも、口腔外科にて治療を行っています。

当院院長は口腔外科出身であり、難しい親知らずの抜歯を初め、一般的には病院(歯科)に紹介するようなケースにも対応が可能です。症状の先天的や後天的を問わず、お気軽に当院までご相談ください。

当院の親知らず治療

当院の親知らず治療

親知らずは、前歯から数えて8番目に生えてくる歯です。かつては通常の奥歯として使われていましたが、食生活の変化により噛む回数が大幅に減ったことで、現代人の顎は小さくなりました。その為、これまで奥歯として機能していた8番目の歯が現代人の小さい顎に対して正しく生えることができず、それが結果として「親知らず」として口腔内のトラブルを招きます。

横を向いたり斜めに生えてきたりすることが多い親知らずは、ブラッシングしにくく汚れが溜まりやすいため、むし歯や歯周病のリスクを高めます。放置すれば横を向いた親知らずが手前の歯を強い力で押し、歯並びの乱れにもつながります。親知らずが生えてきたら早めに診察を受け、トラブルがすでに起きている、もしくは起こす可能性が高い場合には抜歯したほうがいいといえるでしょう。

当院の外傷治療

外傷とは、いわゆる「お口まわりのケガ」です。たとえば、次のものが挙げられます。

歯のケガ(外傷)
  • 歯冠破折: 歯の歯ぐきの上部の部分「歯冠」が折れてしまうこと
  • 歯根破折: 歯の根の部分が折れてしまうこと
  • 歯の脱臼・脱落: 歯の位置がずれたり、揺れたり、抜け落ちてしまうこと
  • 歯のケガ(外傷)1
  • 歯のケガ(外傷)2
  • 歯のケガ(外傷)3
顎骨のケガ(外傷)

顎骨の骨折により、以下のような症状が出ることがあります。

  • 腫れ
  • かみ合わせのずれ
  • 歯の揺れ、ずれ
  • 口が開きにくい、閉じにくい
   
顎関節脱臼

顎関節脱臼とはあくびをしたり、大きく口を開けたり、長時間お口を開けていた時などに顎が外れてしまう症状のことです。当院では顎関節脱臼も対応できますので、外れた顎を正常に戻します。

気付かない間に顎が外れてしまい、そのままにされている方もいらっしゃいます。特に認知症の方など、口を閉じられていない方は一度検診されることをおすすめします。

   
顎骨骨折

交通事故や作業事故、スポーツ外傷、転倒やけんかなどが原因であごの骨が折れてしまうことがあります。当院では歯科用CTを完備していますので、顎の骨が折れているかなどの正確な診断が可能です。また初期治療は当院でも可能ですので、違和感がある方はご相談ください。

軟(部)組織のケガ(外傷)
  • くちびるのケガ・出血
  • 舌のケガ・出血
  • 小帯(唇や舌に付着する水かきのようなもの)
  • 頬など、口の中の粘膜のケガ・出血

当院の口腔外科では、このような場合の治療が可能です。歯が抜けてしまった場合には、抜けた歯を牛乳もしくは生理食塩水に浸け、できるだけ早くお持ちください。生えていた元の場所に戻せる可能性があります。また、脱臼や炎症、歯の根に溜まった膿の袋などに対する治療も可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

   
口腔内のできものや腫れ

お口の中の炎症や腫瘍・口内炎なども治療できます。お口の中の腫れや口内炎については炎症・腫瘍・義歯・薬剤など、原因は様々ありますので、一度ご相談ください。

   
顎骨嚢胞・顎骨腫瘍(がっこつのうほう・がっこつしゅよう)

顎骨嚢胞・顎骨腫瘍とは顎の骨の中に出来る膿の袋や腫瘍のことです。長期間症状が続く歯や親知らずは痛みが無くても歯ぐきやあごの腫れがある場合には、顎骨嚢胞や顎骨腫瘍の可能性があります。当院では歯科用CTなどで正確に診断し、治療を行っています。

   
顎関節症

口を開いて時に顎がカクカクしたり、音が鳴ったりしてはいませんか?このような症状がある場合は顎関節症が疑われます。顎関節症とは、顎の関節とその周辺に障害が起きる病気です。顎関節や噛む時に使う筋肉、お口の中の咬み合わせなどに異常があり、顎に痛みを感じたり、口が開けづらくなったり、頭痛、めまい、耳鳴りなどの症状を訴える人もいます。当院では、レントゲンやCTを導入しており、顎関節の診断が可能です。

また、スプリント療法や理学療法を取り入れていますので、顎やその周辺に違和感を感じられる方はぜひ当院にご相談下さい。

歯の移植

歯の脱落などによって歯を失ってしまった場合には、歯の移植が可能です。ご自分のお口の中の不要な歯を使うことができればうまく適合し、インプラント治療よりも大幅に費用の負担を抑えることができます。当院では歯の移植や再植に対応していますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

こんな症状ありませんか?睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

寝苦しい・・・
寝ても疲れがとれない・・・
いびきをかく・・・
睡眠中に呼吸が止まる・・・

睡眠時無呼吸症候群とは就寝時に呼吸が止まる病気です。軽度な場合はマウスピースで治療するケースもあります。睡眠時無呼吸症候群と診断された方はお気軽にご相談ください。
※呼吸器内科等の専門機関による紹介状が必要となりますので、ご持参ください。

大学病院等への紹介も行っています

当院では治療が困難な大がかりな治療が必要な場合は大阪大学等、専門機関へご紹介させて頂いております。