ボトックス治療

ボトックス治療

ボトックス治療について

歯ぎしり、噛みしめ、顎関節症で
顎が痛い方へ

当院では、顎関節症で顎が痛いといった症状がある方に対してボトックス治療を行っています。
強く噛みしめる癖や就寝時の歯ぎしりは、顎まわりの筋肉が関係しています。強い食いしばりで厚くなった筋肉に直接薬剤を注射することで、柔らかくゆるめた状態にすることができるので、顎関節症の症状を緩和することができます。

ボトックス治療のメリット

顎関節症の緩和

ボトックス治療のメリット

これまではスプリントが必要だった顎関節症の治療も、ボトックスを用いて咬筋を弱めることで痛みの緩和が期待できます。

口周りのシワ改善

筋力を弱めることで口元のほうれい線を目立たなくさせる効果も期待できます。また、口元の梅干しシワを改善する効果があります。

ガミースマイルの改善

笑った時の唇を上に挙げる筋肉(上唇挙筋)を弱めることで、歯茎が見えにくくなります。

ボトックス(ボツリヌストキシン)の安全性

ボトックスは、ボツリヌストキシンと呼ばれる複合毒素から抽出されたボツリヌスを構成するタンパク質です。
ボトックス治療ではボツリヌス菌から抽出されるタンパクを無毒化したものを使用するため、菌自体を用いることはありません。
日本では、眼瞼けいれんなどの治療に対して厚生労働省から承認も受けている安全な治療です。
ボトックスは筋肉を緩める作用が期待でき、歯科では歯ぎしりや食いしばりの治療に用いられます。

ボトックスの効果はどのくらい持続する?

ボトックスの効果はどのくらい持続する?

ボトックス注射の効果は、永続的に持続するわけではありません。効果の持続時間には個人差がありますが、一般的には3~6ヶ月が目安といえます。ボトックス注射を定期的に受けることで、その効果も実感しやすくなります。

認知行動療法の併用

歯ぎしりや食いしばりといったブラキシズムは、習慣に根付いたものであり、ボトックス注射だけで完全に治すのが困難なことも多いです。そこで有用なのが認知行動療法です。認知行動療法とは、歯ぎしりをしようとしている自分を意識的に抑制する方法で、ボトックス注射と併用することでブラキシズムの根本的な解消へと導きます。

費用について

ボトックス注射(1回) 30,000円(税別)
ボトックス注射(4回) 100,000円(税別)

よくある質問

  • 痛みはありますか?
    注射針を刺す時の痛みはあります。薬剤を投与した後は、少し重くなるような感覚になります。
  • ダウンタイムはありますか?
    ボトックス注射にダウンタイムはありません。施術後、すぐに帰宅していただいて問題ありません。
  • 施術後に飲酒しても大丈夫ですか? 
    ボトックス治療を行った当日と翌日は、お酒を飲むのを控えてください。
  • 施術後に通院する必要はありますか?
    施術してから1週間後に、一度ご来院いただきます。経過を見て特に問題がなければ、その後の通院は不要です。