小児歯科・小児矯正・マタニティ歯科

歯の矯正

正しい歯並びは一生の宝物です
~歯の矯正~

歯並びの乱れは審美的な問題だけではありません。歯並び・噛み合わせの乱れは、むし歯や歯周病のリスクを高める上に、顎や顔、全身のバランスの崩れにつながり、さまざまなトラブルを招く原因になってしまうのです。

また、姿勢が悪く、お口がポカンと開いてはいませんか?姿勢と咬み合わせは密接に関係しています。背筋を伸ばし、口を閉じて目がキラキラ輝く子供を増やすため、吹田市の「のだファミリー歯科」では小児矯正や姿勢教育に力を入れています。子どもの噛み合わせの専門家である副院長が治療にあたりますので、一緒に正しい歯並びへと導きましょう。

歯の矯正のプランニング

歯の矯正のプランニング

「矯正治療って、何歳から始めたらいいの?」
「矯正を始めるのが遅すぎた?」
「こんなに早くから矯正を始める必要がある?」

歯の矯正のプランニング
※クリックすると拡大します。

矯正治療のご相談でよく聞かれるご質問に、矯正治療を始めるタイミングのことがあります。治療開始のタイミングについては、専門医の間でも意見が統一されていないこと、また成長、歯並び、歯の生え方、顎の形などが人によって異なるので、一概に何歳からと決まっているものではありません。治療プランが一つだけしかないことはほとんどなく、出来るだけ多くのプランを提示したいと考えています。

それぞれのプランには、利点欠点があります。一番納得できる治療プランを一緒に考えていきましょう。

「歯の矯正」2つの治療プラン

キッズプラン

キッズプラン

小学校低学年頃から開始する成長期の治療(Ⅰ期治療)と中学生以降の永久歯の並びを整える治療(Ⅱ期治療)の2段階で治療するプラン

★利点

  • 歯だけでなく骨のバランスも整えることが可能です。
  • 治療で永久歯を抜く可能性を減らすことができます。
  • Ⅰ期治療で治ってしまえばⅡ期治療は不要です。

★欠点:

  • トータルの治療期間が長くなります。

ユースプラン

ユースプラン

中学校以降永久歯が生え揃ってから治療を開始するⅡ期治療のみのプラン

★利点

  • キッズプランと比較して短期間にまとめて治療を行えます。

★欠点:

  • 顎の骨の大きさ、バランスを改善することはできません。
  • 抜歯をして矯正治療を行う可能性が大きくなります。

2つのプランにはそれぞれ利点・欠点があり、一概にどれがよいといえるものではありません。また、症状によってもお勧めできる方法が異なります。

当院の歯の矯正治療に関して

矯正専門のドクターによる矯正治療

当院では、副院長と歯の矯正を専門に行うドクターが矯正治療を担当します。

矯正医:木下真理子

矯正医:木下真理子

所属

  • 日本矯正歯科学会(認定医)
  • 近畿東海矯正歯科学会
  • 日本顎変形症学会
  • 日本口蓋裂学会
矯正治療の流れ
(歯並び相談~治療完了まで)

01.「歯並び相談」お申込み

「歯並び相談」登録・矯正カルテ作成

相談料:500円(税込)

arrow

02.歯並びチェック

  • ♦診察→歯並び相談
  • ♦現在の状態の把握
  • ♦将来の共栄準備

定期観察(年1回~3回)

arrow

03.検査(※ここから治療開始になります)

セファロ・パノラマレントゲン写真
口腔模型、口腔内・顔面写真

検査料:30,000円(税別)

arrow

04.分析

検査結果の分析を行い、治療を方針を立案

arrow

05.診断

分析結果の説明、治療方法確認、矯正治療承諾書作成
装置の準備

診断料:5,000円(税別)

arrow

06.装置装着

装置は何回かに分けて装着することもあります。
装置料のお支払いが始まります
装置料:症状によって異なります。

【装置の調整】
およそ一か月に一回毎のご来院で装置の微調整を行っていきます。

調節料:5,000円(税別)

arrow

07.動的治療終了(保定装置装着)

保定開始(2~6か月毎に定期検診)
保定装置の装着時間を徐々に短くしていきます。

保定装置の代金が新たにかかることはありません。

arrow

治療完了

矯正治療の装置について

プレオルソ(乳歯列期)
  • プレオルソ(乳歯列期)

    プレオルソとは、取り外し式の小児向け矯正装置です。
    あごの骨が柔らかい小児期に装着することで、「歯を抜かず」矯正することができます。お口周りの筋機能を改善することで、理想的な咬合状態に誘導します。口呼吸の改善にも有効です。

床矯正(混合歯列期)
  • 床矯正(混合歯列期)

    子どもから大人の歯に生え変わるまでの期間に、歯が生えるスペースを広げる事を目的とした矯正治療です。
    装置の真ん中には、「拡大ネジ」があり、このネジを定期的に広げると、歯列が拡大する仕組みです。

ワイヤー矯正(永久歯列期)
  • ワイヤー矯正(永久歯列期)

    永久歯が生え揃ってから行う矯正治療です。 ワイヤーの力を利用して歯を動かしていきます。

マウスピース矯正(混合歯列期・永久歯列期)
  • マウスピース矯正(混合歯列期・永久歯列期)

    インビザラインという透明なマウスピース型の矯正装置です。
    取り外し式であり、目立たないという利点があります。

こどものマウスピース矯正(インビザライン・ファースト)
  • 子ども用のマウスピース型矯正装置「インビザライン・ファースト」は、これまで、マウスピース型矯正装置は永久歯列期に近い時期しか使えませんでしたが、この「インビザライン・ファースト」は混合歯列期から使うことができる小児向けの特別なマウスピース型矯正装置です。

    こどものマウスピース矯正(インビザライン・ファースト)

インビザライン・ファーストのメリット

インビザライン・ファーストのメリット

  • 歯並びを整えることで、成長過程にあるお子さんの笑顔を改善します。
  • 取り外しできるため、虫歯になりにくいです。
  • 2期治療がより短期に、より簡単になります。
  • 咬み合わせの問題が悪化することを防ぐことができます。
  • 指しゃぶりや舌の突出癖などの習慣の改善をサポートします。
  • 緊急対応が少ないため、予定外の通院を軽減できる可能性があります。

これまで、1期治療は固定式装置を使用することが多かったですが、インビザライン・システムにより、子どもの矯正治療の選択肢が増えました。

矯正治療の費用について

矯正の治療費用は、「検査料」、「装置費用」、通院のたびに発生する「調整料」の合計で決定します。

矯正治療の費用について

① 検査料(治療前)

♦矯正相談: ¥500(税込)
♦検査費用: ¥30,000(税別)
♦診断費用: ¥5,000(税別)

② 治療費用(装置代込み)

♦乳歯列期治療: ¥100,000(税別) ※ プレオルソを使用した治療を行います。

♦床矯正(混合歯列期): ¥300,000(税別)
♦マウスピース矯正(混合歯列期): ¥300,000(税別)
♦ワイヤー矯正(永久歯列期): ¥650,000(税別)
♦マウスピース矯正(永久歯列期): ¥650,000(税別)

混合歯列期→永久歯列期に移行する場合:¥350,000(税別)
※ 永久歯列期の治療費用:¥650,000(税別)から
床矯正:¥300,000を差し引いた費用:¥350,000で治療を受けて頂けます。

③ 調整料(治療中)

  • 矯正調整料: ¥5,000(税別)
分割をご希望の方

1年間の分割払い(12回払い)が可能です。
〈例〉300,000円+税÷12⇒ひと月27,000円のお支払い