小児歯科・小児矯正・マタニティ歯科

歯の矯正

正しい歯並びは一生の宝物です
~歯の矯正~

歯並びの乱れは審美的な問題だけではありません。歯並び・噛み合わせの乱れは、むし歯や歯周病のリスクを高める上に、顎や顔、全身のバランスの崩れにつながり、さまざまなトラブルを招く原因になってしまうのです。

また、姿勢が悪く、お口がポカンと開いてはいませんか?姿勢と咬み合わせは密接に関係しています。背筋を伸ばし、口を閉じて目がキラキラ輝く子供を増やすため、吹田市の「のだファミリー歯科」では小児矯正や姿勢教育に力を入れています。子どもの噛み合わせの専門家である副院長が治療にあたりますので、一緒に正しい歯並びへと導きましょう。

歯の矯正のプランニング

歯の矯正のプランニング

「矯正治療って、何歳から始めたらいいの?」
「矯正を始めるのが遅すぎた?」
「こんなに早くから矯正を始める必要がある?」

歯の矯正のプランニング
※クリックすると拡大します。

矯正治療のご相談でよく聞かれるご質問に、矯正治療を始めるタイミングのことがあります。治療開始のタイミングについては、専門医の間でも意見が統一されていないこと、また成長、歯並び、歯の生え方、顎の形などが人によって異なるので、一概に何歳からと決まっているものではありません。治療プランが一つだけしかないことはほとんどなく、出来るだけ多くのプランを提示したいと考えています。

それぞれのプランには、利点欠点があります。一番納得できる治療プランを一緒に考えていきましょう。

当院の歯の矯正治療のメリット

<メリット01>矯正専門のドクターによる矯正治療

当院では、副院長と歯の矯正を専門に行うドクターが矯正治療を担当します。

矯正医:木下真理子

矯正医:木下真理子

所属

  • 日本矯正歯科学会(認定医)
  • 近畿東海矯正歯科学会
  • 日本顎変形症学会
  • 日本口蓋裂学会
<メリット02>安心の二重体制

<メリット02>安心の二重体制

専門医のドクターはもちろん、当院では副院長も矯正治療が可能です。そのため、万が一のトラブル(器具の破損など)があっても、診療時間内での対応がいつでも可能です。
また、埋伏歯があるなどの難しいケースでも口腔外科出身の院長と矯正専門医によるチーム医療を行うことで、成長期の時間を有効に治療にいかすことが可能です。

<メリット03>様々なニーズに応える矯正治療

<メリット03>様々なニーズに応える矯正治療

見えない舌側矯正、マウスピース矯正など、大人の方の矯正治療にも対応しております。
見た目を気にする方や早く終わらせて欲しい方など、様々な患者さんのニーズにお応えします。
もちろん、それぞれの治療方法やメリット・デメリットを詳しく説明し患者さんご自身で治療を決定して頂けます。

矯正治療の装置について

プレオルソ(乳歯列期)
  • プレオルソ(乳歯列期)

    プレオルソとは、取り外し式の小児向け矯正装置です。
    あごの骨が柔らかい小児期に装着することで、「歯を抜かず」矯正することができます。お口周りの筋機能を改善することで、理想的な咬合状態に誘導します。口呼吸の改善にも有効です。

床矯正(混合歯列期)
  • 床矯正(混合歯列期)

    子どもから大人の歯に生え変わるまでの期間に、歯が生えるスペースを広げる事を目的とした矯正治療です。
    装置の真ん中には、「拡大ネジ」があり、このネジを定期的に広げると、歯列が拡大する仕組みです。

ワイヤー矯正(永久歯列期)
  • ワイヤー矯正(永久歯列期)

    永久歯が生え揃ってから行う矯正治療です。 ワイヤーの力を利用して歯を動かしていきます。

マウスピース矯正(混合歯列期・永久歯列期)
  • マウスピース矯正(混合歯列期・永久歯列期)

    インビザラインという透明なマウスピース型の矯正装置です。
    取り外し式であり、目立たないという利点があります。

こどものマウスピース矯正(インビザライン・ファースト)
  • 子ども用のマウスピース型矯正装置「インビザライン・ファースト」は、これまで、マウスピース型矯正装置は永久歯列期に近い時期しか使えませんでしたが、この「インビザライン・ファースト」は混合歯列期から使うことができる小児向けの特別なマウスピース型矯正装置です。

    こどものマウスピース矯正(インビザライン・ファースト)

インビザライン・ファーストのメリット

インビザライン・ファーストのメリット

  • 歯並びを整えることで、成長過程にあるお子さんの笑顔を改善します。
  • 取り外しできるため、虫歯になりにくいです。
  • 2期治療がより短期に、より簡単になります。
  • 咬み合わせの問題が悪化することを防ぐことができます。
  • 指しゃぶりや舌の突出癖などの習慣の改善をサポートします。
  • 緊急対応が少ないため、予定外の通院を軽減できる可能性があります。

これまで、1期治療は固定式装置を使用することが多かったですが、インビザライン・システムにより、子どもの矯正治療の選択肢が増えました。

矯正治療の費用について

矯正の治療費用は、「検査料」、「装置費用」、通院のたびに発生する「調整料」の合計で決定します。

矯正治療の費用について

① 検査料(治療前)

♦矯正相談: 無料
♦検査: ¥30,000(税別)
♦診断: ¥6,000(税別)

② 装置費用

I期治療(永久歯列の完成前に始める場合)

♦乳歯 反対咬合: ¥50,000(税別)
♦乳歯列治療: ¥100,000(税別)
♦I期治療: ¥300,000(税別)

♦II期治療のための検査: ¥20,000(税別)
♦診断料: ¥5,000(税別)
♦II期治療: ¥450,000(税別)

II期治療(永久歯列の完成後に始める場合)

♦ワイヤー矯正(永久歯列期): ¥750,000(税別)
♦マウスピース矯正(永久歯列期): ¥800,000(税別)
※治療後の保定(後戻り防止のための装置)料金を含む

※クレジット払い利用可

③ 調整料

♦矯正調整料: ¥5,000(税別)

その他

♦矯正治療のための抜歯(1本): ¥8,000(税別)
♦矯正用インプラント(2本まで) : ¥50,000(税別)